ペットの供養方法

ペット火葬をする方が増えています

近年、大切なペットが亡くなった際に火葬をする飼い主さんが多くなりました。
以前は、自宅に埋葬する場合や自治体のサービスを利用する方が大半でしたが、最近ではペット霊園を利用して火葬を依頼しているのです。
ペット火葬は、大切なペットの供養にもなります。
犬や猫だけでなくハムスターやウサギなどの火葬をお願いする飼い主さんもいます。
ペットを正しい方法で火葬してあげることで遺骨を残すことができ、最大の供養になります。
ただ火葬するだけでなく、しっかりとお別れの儀式を行ってあげることで供養しながら大切なペットを送り出してあげることができるのです。

大森ペット霊堂 詳細情報 http://www.petsougi.jp/

ペットの火葬プランが充実しています

大切なペットの葬儀を後悔することなくきちんと行ってあげたいという飼い主さんに最適なのが、ペットの火葬を専門に行っている会社です。
さまざまな火葬プランが用意されており、飼い主さんの希望に合わせて火葬や葬儀を行うことができます。
犬や猫などのペットの火葬は、火葬炉と呼ばれる火葬設備を利用して行われます。
大型犬であれば約1時間から2時間ほどで火葬が終了します。
近年の火葬炉は、臭いが気になりません。
また、ペットの種類にもよりますが、爪や歯など小さな遺骨も綺麗に残すことができます。
ペットの火葬は、最善な供養方法だと言われています。
ペットを正しい方法で火葬して挙げれば、遺骨にしてあげることができ、お墓や納骨堂に納骨することもできるでしょう。
さらに良い環境の中で供養してあげることもできるのです。
遺骨にした後は、ペットのお墓に納骨するという方法だけでなく、遺骨でアクセサリーを作る方も増えています。

ペットの火葬方法

現在、ペットの火葬方法は、いくつか用意されています。
ペットの霊園施設で火葬することができる他にも訪問式のサービスで大切なペットを火葬することも可能です。
飼い主さんが立ち会う個別火葬は、お見送りや出棺から火葬、お骨拾い、納骨まで行えます。
ペット専用の火葬炉が用意されているのはもちろん、火葬の際にゆっくりと待つことができる待合室も完備されています。
室内で全ての供養を行うことができるので、天候に左右されてしますことがありません。
忙しい飼い主さんに最適なサービスとなっているのが、車で自宅まで訪問してくれるペット火葬です。
ペット霊園まで足を運ばなくても大切なペットを火葬することができます。
最近では、年配の方や車などの移動手段を持っていない方からも依頼が増えています。
しかし、訪問式のペット火葬を希望する場合、屋外火葬になるため、天候にある程度左右されやすくなります。
また、近隣の方への配慮も必要になるでしょう。
この他にも合同火葬が注目を集めています。
合同火葬は、出棺やお別れまで家族で行えますが、火葬の際には家族は立ち会えません。
火葬後に行うお骨拾いや納骨などもスタッフが行ってくれるサービスです。
個別火葬と合同火葬を比較してみると合同火葬は、費用を安く抑えることができます。
そのため、費用を抑えて火葬をしてあげたい飼い主さんにおすすめです。
しかし、注意しなければいけないのは、合同火葬の場合、個別でお骨を返してもらうことはできません。
もし、辺骨を希望するのであれば、立会個別火葬を選ぶことをおすすめします。

ペットを火葬する際には

家族同様の大切なペットを火葬する際には、どのように火葬して供養してあげたいのかを家族でしっかりと話し合うことが大切です。
飼い主さんが後悔してしまうことがないように最善の方法で火葬してあげましょう。
現在、ペットの火葬が行える霊園ではさまざまなプランが用意されているので、複数を比較してみると安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA