民間、公営どちらを選択するか

大事なペットのその後

近年、ペットブームにより犬や猫など様々なペットを飼っている人が増えてきています。
自分を慕ってくれる犬や猫は心のオアシスになり、癒されている人も多いことでしょう。
しかし、ペットの多くは人間より寿命が短いです。
そのため遅かれ早かれ、ペットの死というものに直面します。
これは避けられないことでしょう。
自分のペットが亡くなった時、いったいどうしたらいいのか初めてだとわかりませんよね。
一昔前なら庭などに埋めておしまいということもあったかもしれませんが、現在は火葬をしないといけません。
人間なら火葬場で焼かれるイメージですが、ペットの場合どこで火葬をしたらいいのかわかない人も多いと思います。
ペットの火葬には大きく公営と民間と2つに分かれます。

公営の火葬

公営、つまり自治体に依頼して火葬する場合は自分が住んでいる市役所に連絡をして焼却してもらうことになります。
ごみ処理の焼却炉と一緒にするところもあるようですが、動物用の焼却炉がある自治体も増えています。
今まで一緒に生活した家族のような存在のペットがごみ焼却炉と同じところで焼却されるのには抵抗があると思います。
その場合は動物用の焼却炉がある自治体が近くにないか探してみることをお勧めします。
動物用の焼却炉がある自治体なら収骨が可能な自治体もあります。
また、副葬品を一緒に焼却してくれる自治体、一切副葬品を入れてはいけない自治体とさまざまですので、こちらも確認をしたほうがいいでしょう。

民間の火葬

民間の会社に委託して火葬する方法です。
こちらはペット専用の焼却炉で火葬してくれます。
他のペットとともに火葬する合同火葬の場合は収骨ができないことがほとんどですが、個別火葬をすれば収骨が可能です。
さらに人間と同じように立ち合いが可能なプランもあります。
納骨もしてくれる場所が多いですので手厚く弔いたい場合に向いています。
またたくさんの会社が存在するので自分に合ったペットの葬式が行えるでしょう。

料金と注意すること

公営は民間よりずっと安い値段で火葬を行うことができます。
自治体によって異なりますが、2000円から高くても1万円くらいだと思っていたら大丈夫です。
ただし、収骨ができないところも多いので個別で納骨を考えている場合は注意が必要です。
手厚く弔ってくれるという感じではないことが多いです。
一方、民間の場合は値段は安くて8000円くらいでプランによっては数万円くらいかかる場合があります。
しかしきちんと弔ってもらっている感じがします。
民間で気を付けなければならないのは、悪徳業者の存在です。
最初電話で問い合わせた金額と実際に支払う金額が乖離していることも多いようなので、これ以上値段が高くなることがないのか、事前に聞いておく必要があります。
また、複数の会社の名前で顧客を集めているような怪しげな会社があるのも事実です。
事前にちゃんとした会社か調べておく必要があるでしょう。
またプランがいろいろあるので予算に応じてどのプランにするのか選ぶ必要があります。

最後に

ペットが亡くなるというのは本当に悲しいことです。
子供のように大切に育てて生活している人も多いでしょう。
しかし、ペットは先に亡くなります。
亡くなったあと、きちんと納得のいく方法で弔ってあげなければのちのち、自分自身が後悔します。
悲しくてそんなこと考えられないかもしれませんが大切なことです。
ペットを飼うということは最後まで面倒を見るというのがとても重要です。
ペットをきちんと見送るためにも、どのような形で火葬をするのか、考えたくないかもしれませんがペットが生きているうちから考えておいたほうが、いざという時に後悔しないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA