大切な家族の一員のペットが亡くなったら

家族の一員をどう見送るか

現代社会は核家族化が進み、それに伴って犬や猫などのペットも大切な家族の一員として暮らすご家庭が増加しています。
我が家にやってきたときの感動はもちろんのこと、家族とともに成長し、その可愛い姿から癒され、寂しい時には慰めてもらい、強い絆で結ばれているご家庭は多いものです。
そしてこうしたペットとの生活の中で避けられないのが、別れです。
犬や猫などのペットは人間よりも早く歳を取り、命を終えます。
ペットロスという言葉があるようにペットを可愛がれば可愛がるほど、別れは辛いものとなります。
大切なペットとの別れをどのように迎えるかということは、常に考えておかなければならない問題です。

ペットが亡くなった時に頼りになるのは専門のペット葬儀会社

以前はペットがなくなった場合、自宅の庭などに土葬するケースも見られましたが、現在は住宅事情などの点から考えても土葬は難しいものです。
ペットが亡くなった場合、自治体に依頼することで引き取ってもらうこともできますが、一般廃棄物としての扱いとなってしまうため、大切なペットの見送りとしてはあまりに寂しいものです。
大切なペットを心置きなく見送るために多くの方が利用しているのが、ペット専用の葬儀社です。
ペット専用の葬儀社は、人間と同じように家族の一員であるペットを見送ることができる様々なプランを用意しています。
業者によっては24時間依頼を受け付けてくれるところもあり、心の整理がつき次第お見送りのための相談をする事ができるようになっています。

合同葬でできるお見送り

ペットをお見送りしたいけれど、費用的な心配がある、お骨を引き取るスペースがないという場合には合同葬が選ばれています。
合同葬とは一匹だけでなく、他のペットと一緒に火葬するものです。
火葬後には導師読経とともに合同供養がされ、最終的に動物供養塔などに合同埋葬されます。
埋葬後にはいつでも供養塔にお参りにいくことができる、人気のお見送りです。

お骨を引き取ることができる個別葬

大切なペットのお骨を引き取りたいという方には個別葬がおすすめです。
個別葬とは合同等とは違い、一匹だけ個別に火葬して見送ることができるものです。
葬儀会社のスタッフに拾骨を任せるものと、火葬に家族が立ち会って人と同じようにお骨を拾うものがあり、納得のお葬式をする事ができます。
個別葬ならお見送りのお花やペットが好きだった食べ物なども一緒に収めてお別れをすることもでき、最後のお別れもしっかり行えます。
個別葬はペットの体格などに応じて火力を調整しながら火葬して、お骨もきれいに残り手元に返してもらうことができると、選ばれる方が多いお見送りの方法です。

豚や馬は特別な火葬になります

このようなペット専用の火葬ができるのは犬や猫、ハムスターやフェレット、小鳥などのペットです。
近年飼う方が増えているミニブタやミニチュアホース、ヤギなどは家畜として考えられていますので、一般の斎場では火葬することができません。
こうした豚や馬、牛、ヤギなどが亡くなった場合には各都道府県知事が認定した死亡獣畜取扱場という場所でのみ、火葬ができませんのでご注意ください。

大切なのは家族の気持ち

合同葬でも、個別葬でもペットが亡くなった時に大切なのは、残された家族が納得するお見送りを選ぶということです。
ともに過ごした月日を思い起こしながら、心からのお見送りをすることができれば、きっと家族の心も慰められます。
さまざまなペット葬儀会社があり、プランがありますので、後悔のないお見送りができるよう選びましょう。
家族が慰められ、前向きな気持ちになることを一番望んでいるのは、亡くなったペットの一番の思いかもしれません。
ペット専用葬儀社はそのような慰めや前向きな気持ちになれる心からの火葬・葬儀をサポートしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA