現代社会の住宅事情に合った移動式のペット火葬車

ペットとの出会いはいつかの別れにつながります

ペットとの出会いは人生の中でも最も大切で愛おしい経験です。
散歩したり、じゃれあったり、ご飯をあげたりと、ペットとともに過ごした一瞬一瞬が大切な思い出となっていきます。
でもともに喜び、慰められたペットとはいつか別れがやってきます。
犬、猫などのペットは人間の何十倍も早く歳を取り老いていきます。
年齢を重ねたペットをいたわりつつ過ごしていくのも、飼い主の大切な役割です。
そのような愛するペットとのお別れの時のことについて、ある程度考えておくことはいざという時に大変役立ちます。

ペットを土葬や自治体に回収依頼していた時代もあります

里山の一軒家などで飼われていたペットは広い敷地の庭に土葬していた時代もありますが、現代社会ではこのような敷地を確保するのが難しく、土葬は現実的ではありません。
でも自治体に回収依頼をすると一般廃棄物として扱われ、お骨が戻ってくることや供養することができず、寂しいお別れとなってしまいます。
愛するペットに心からのお別れをしてあげたい、そんな方に選ばれているのが移動式のペット専用火葬車です。

ペット専用の移動式火葬とは

大切なペットが亡くなって別れがたいという思いはどなたも持つものです。
火葬しなければとは分かっていても、なかなか決心がつかずについつい時間がすぎてしまうこともあります。
しかしながらやはり愛するペットのためにも火葬をしてお見送りすることは必要なことです。
そこで選ばれているのがペット専用の移動式火葬車です。
これは一見普通のバンのように見える専用車の内部に、専用の火葬炉が備わっているものです。
車ですのでどこにでも移動でき、駐車スペースさえあればどこでもペットの火葬をする事ができるのが特徴です。
24時間365日営業している会社もあり、ペットとお別れする決心が付いた時にすぐに連絡して、火葬車に来てもらうこともできるので、ペットを失って心が不安定な方でも安心して依頼することができます。

お骨が全て帰ってくる移動式火葬車

一般的にペットの合同火葬の場合、他のペットたちと一緒に火葬されるため、自分のペットのお骨と他の方のペットのお骨が混ざってしまい、個別にお骨を返してもらうことができなくなってしまいます。
この移動式火葬車での火葬なら、自分のペットだけを火葬することができるので、全てのお骨を拾うことができ、ずっと一緒にそばにいることができるのが特徴です。
しかもこうした火葬車は火力や時間をきめ細かに調整することができるので、大切なペットの体格に合った火力で火葬し、お骨をきれいに残すことができます。
お骨を拾って自宅に保管したい、いつまでも一緒にいて供養したい、そのような飼い主の方の気持ちを叶えることができるのが大きな魅力です。

会社名が入っていないので誰にも知られずに火葬できる

移動式火葬車に依頼したいけれど、ご近所にペットを飼っていたことを知られたくない、誰にも気づかれることなく静かにお見送りしたい。
そのような飼い主さんの気持ちに応えてくれる移動式火葬車もあります。
ペット専用の火葬車の中には社名等が入っておらず、外から見たら普通のバンにしか見えないため、ご近所の方に知られることなく、誰にも気づかれずに火葬することができます。
静かに見送りたいという飼い主さんにも安心の配慮です。
心を込めたお見送りが前向きな気持ちを生み出しますかけがえのない時間をともに過ごした大切なペット。
そんなペットを失った悲しさはご本人様にしかわかりません。
けれど、心ゆくまでのお見送りをしてあげられたという思いがあれば、悲しい気持ちも慰めることができます。
移動式のペット専用火葬車はそのような飼い主さんの心を慰めるお見送りを叶えてくれます。

大切な家族の一員のペットが亡くなったら

家族の一員をどう見送るか

現代社会は核家族化が進み、それに伴って犬や猫などのペットも大切な家族の一員として暮らすご家庭が増加しています。
我が家にやってきたときの感動はもちろんのこと、家族とともに成長し、その可愛い姿から癒され、寂しい時には慰めてもらい、強い絆で結ばれているご家庭は多いものです。
そしてこうしたペットとの生活の中で避けられないのが、別れです。
犬や猫などのペットは人間よりも早く歳を取り、命を終えます。
ペットロスという言葉があるようにペットを可愛がれば可愛がるほど、別れは辛いものとなります。
大切なペットとの別れをどのように迎えるかということは、常に考えておかなければならない問題です。

ペットが亡くなった時に頼りになるのは専門のペット葬儀会社

以前はペットがなくなった場合、自宅の庭などに土葬するケースも見られましたが、現在は住宅事情などの点から考えても土葬は難しいものです。
ペットが亡くなった場合、自治体に依頼することで引き取ってもらうこともできますが、一般廃棄物としての扱いとなってしまうため、大切なペットの見送りとしてはあまりに寂しいものです。
大切なペットを心置きなく見送るために多くの方が利用しているのが、ペット専用の葬儀社です。
ペット専用の葬儀社は、人間と同じように家族の一員であるペットを見送ることができる様々なプランを用意しています。
業者によっては24時間依頼を受け付けてくれるところもあり、心の整理がつき次第お見送りのための相談をする事ができるようになっています。

合同葬でできるお見送り

ペットをお見送りしたいけれど、費用的な心配がある、お骨を引き取るスペースがないという場合には合同葬が選ばれています。
合同葬とは一匹だけでなく、他のペットと一緒に火葬するものです。
火葬後には導師読経とともに合同供養がされ、最終的に動物供養塔などに合同埋葬されます。
埋葬後にはいつでも供養塔にお参りにいくことができる、人気のお見送りです。

お骨を引き取ることができる個別葬

大切なペットのお骨を引き取りたいという方には個別葬がおすすめです。
個別葬とは合同等とは違い、一匹だけ個別に火葬して見送ることができるものです。
葬儀会社のスタッフに拾骨を任せるものと、火葬に家族が立ち会って人と同じようにお骨を拾うものがあり、納得のお葬式をする事ができます。
個別葬ならお見送りのお花やペットが好きだった食べ物なども一緒に収めてお別れをすることもでき、最後のお別れもしっかり行えます。
個別葬はペットの体格などに応じて火力を調整しながら火葬して、お骨もきれいに残り手元に返してもらうことができると、選ばれる方が多いお見送りの方法です。

豚や馬は特別な火葬になります

このようなペット専用の火葬ができるのは犬や猫、ハムスターやフェレット、小鳥などのペットです。
近年飼う方が増えているミニブタやミニチュアホース、ヤギなどは家畜として考えられていますので、一般の斎場では火葬することができません。
こうした豚や馬、牛、ヤギなどが亡くなった場合には各都道府県知事が認定した死亡獣畜取扱場という場所でのみ、火葬ができませんのでご注意ください。

大切なのは家族の気持ち

合同葬でも、個別葬でもペットが亡くなった時に大切なのは、残された家族が納得するお見送りを選ぶということです。
ともに過ごした月日を思い起こしながら、心からのお見送りをすることができれば、きっと家族の心も慰められます。
さまざまなペット葬儀会社があり、プランがありますので、後悔のないお見送りができるよう選びましょう。
家族が慰められ、前向きな気持ちになることを一番望んでいるのは、亡くなったペットの一番の思いかもしれません。
ペット専用葬儀社はそのような慰めや前向きな気持ちになれる心からの火葬・葬儀をサポートしてくれます。

民間、公営どちらを選択するか

大事なペットのその後

近年、ペットブームにより犬や猫など様々なペットを飼っている人が増えてきています。
自分を慕ってくれる犬や猫は心のオアシスになり、癒されている人も多いことでしょう。
しかし、ペットの多くは人間より寿命が短いです。
そのため遅かれ早かれ、ペットの死というものに直面します。
これは避けられないことでしょう。
自分のペットが亡くなった時、いったいどうしたらいいのか初めてだとわかりませんよね。
一昔前なら庭などに埋めておしまいということもあったかもしれませんが、現在は火葬をしないといけません。
人間なら火葬場で焼かれるイメージですが、ペットの場合どこで火葬をしたらいいのかわかない人も多いと思います。
ペットの火葬には大きく公営と民間と2つに分かれます。

公営の火葬

公営、つまり自治体に依頼して火葬する場合は自分が住んでいる市役所に連絡をして焼却してもらうことになります。
ごみ処理の焼却炉と一緒にするところもあるようですが、動物用の焼却炉がある自治体も増えています。
今まで一緒に生活した家族のような存在のペットがごみ焼却炉と同じところで焼却されるのには抵抗があると思います。
その場合は動物用の焼却炉がある自治体が近くにないか探してみることをお勧めします。
動物用の焼却炉がある自治体なら収骨が可能な自治体もあります。
また、副葬品を一緒に焼却してくれる自治体、一切副葬品を入れてはいけない自治体とさまざまですので、こちらも確認をしたほうがいいでしょう。

民間の火葬

民間の会社に委託して火葬する方法です。
こちらはペット専用の焼却炉で火葬してくれます。
他のペットとともに火葬する合同火葬の場合は収骨ができないことがほとんどですが、個別火葬をすれば収骨が可能です。
さらに人間と同じように立ち合いが可能なプランもあります。
納骨もしてくれる場所が多いですので手厚く弔いたい場合に向いています。
またたくさんの会社が存在するので自分に合ったペットの葬式が行えるでしょう。

料金と注意すること

公営は民間よりずっと安い値段で火葬を行うことができます。
自治体によって異なりますが、2000円から高くても1万円くらいだと思っていたら大丈夫です。
ただし、収骨ができないところも多いので個別で納骨を考えている場合は注意が必要です。
手厚く弔ってくれるという感じではないことが多いです。
一方、民間の場合は値段は安くて8000円くらいでプランによっては数万円くらいかかる場合があります。
しかしきちんと弔ってもらっている感じがします。
民間で気を付けなければならないのは、悪徳業者の存在です。
最初電話で問い合わせた金額と実際に支払う金額が乖離していることも多いようなので、これ以上値段が高くなることがないのか、事前に聞いておく必要があります。
また、複数の会社の名前で顧客を集めているような怪しげな会社があるのも事実です。
事前にちゃんとした会社か調べておく必要があるでしょう。
またプランがいろいろあるので予算に応じてどのプランにするのか選ぶ必要があります。

最後に

ペットが亡くなるというのは本当に悲しいことです。
子供のように大切に育てて生活している人も多いでしょう。
しかし、ペットは先に亡くなります。
亡くなったあと、きちんと納得のいく方法で弔ってあげなければのちのち、自分自身が後悔します。
悲しくてそんなこと考えられないかもしれませんが大切なことです。
ペットを飼うということは最後まで面倒を見るというのがとても重要です。
ペットをきちんと見送るためにも、どのような形で火葬をするのか、考えたくないかもしれませんがペットが生きているうちから考えておいたほうが、いざという時に後悔しないと思います。

ペットが死亡したときにするべきこと

昔とは違うペットの存在

一昔前はペットと人間というのは明確な区別があったように思います。
動物虐待への罰が器物破損罪である点や、動物の遺体放棄が不法投棄扱いである点からも昔のペットへの扱いがどういったものだったのか伺うことができます。
しかし近年、ペットはただの愛護動物という枠には収まりきらなくなっています。
家族同然だという人も多いのではないでしょうか。
今飼っているペットそのものがとても大切で、代わりなどいないと考えている人は多いはずです。
そのため、家の中で飼っている場合も多いですし、人間同様の扱いを受けているペットが大半です。
ところが、人間と大きく違うのが寿命が短い点です。
例外な動物もいるかもしれませんが、多くの動物は人間よりずっと寿命が短いものです。
また、言葉が話せない分、病気に気付きにくかったりします。
大切な家族のため、亡くなった時の喪失感は想像以上でしょう。

ペットが死亡したときにするべきこと

考えたくないとは思いますが、ペットが死亡した場合、しなければならいことがいくつかあります。
まず犬の場合は狂犬病予防のために死亡を自治体に届けなければなりません。
その他の動物に関しては特例を除き、届け出る必要はありません。
次に行うべきは火葬です。
これは自治体に申し込むことも可能ですし、ペット葬儀専門の業者に頼むこともできます。
ただ人間と違うのはペットが死亡しても忌引休暇はもらえません。
いくら大切な家族だといってももらうのは難しいでしょう。
そのため、亡くなってから火葬するまでに日数がかかる場合があります。
火葬までできるだけきれいな状態で保存したいと考えるのならば、そのまま放置してはいけません。
段ボール箱などにタオルを敷き、そこに手足を曲げて安置します。
そして毛並みを整えてあげます。
体液が出てこないように口と肛門をきれいに拭いてあげることも忘れてはいけません。
次に保冷材などで冷やす必要があります。
内臓等腐敗が早い部位を冷やしましょう。
季節にもよりますが、こうすることで2・3日はきれいな状態で安置ができます。
次に火葬の方法です。
自治体に依頼する場合は自治体の担当部署へ電話します。
ここでは他の動物たちと合同で火葬をするので、納骨等はできません。
きちんと納骨してあげたいと考えているのならば、ペット専門の葬儀社へ電話します。
この時、悲しいかもしれませんがきちんと口コミ等を見ることをお勧めします。
ニュースにもなったような悪徳な業者がいないわけではないからです。
そして自分がペットに最期にしてあげたいこときちんと伝えましょう。
例えばお花を手向けたたい、好きだったおもちゃを一緒に入れて燃やして欲しいなどです。
それとオプションで値段が上がっていくのかすべて込みの値段なのかも調べておく必要があります。
絶対に納骨しないといけないわけではありませんが、納骨希望の場合は通える場所に決めましょう。
通えない場所だと、後々手を合わせたくてもすぐに行けなくなってしまします。
また、返骨が希望の場合は早めに告げておくほうがトラブルになりにくいです。
最後に以上のことをペットが亡くなったらまずにしないといけません。
亡くなった悲しみから何も考えられないとは思いますが、大事なことです。
縁起でもないことで考えたくないかもしれませんが、通常の動物は人間より寿命が短いです。
万が一の時のことを考えてペットが元気なうちに業者について調べておくほうが本来なら安心です。
もちろん、そんなこと考えたくはないとは思いますが、いざその時にいろいろ後悔して、悪徳業者に引っかかるよりはいいのではないでしょうか。
大切な家族だからこそ、最期の時をどう迎えるか、早めに考えておきましょう。

ペットの供養方法

ペット火葬をする方が増えています

近年、大切なペットが亡くなった際に火葬をする飼い主さんが多くなりました。
以前は、自宅に埋葬する場合や自治体のサービスを利用する方が大半でしたが、最近ではペット霊園を利用して火葬を依頼しているのです。
ペット火葬は、大切なペットの供養にもなります。
犬や猫だけでなくハムスターやウサギなどの火葬をお願いする飼い主さんもいます。
ペットを正しい方法で火葬してあげることで遺骨を残すことができ、最大の供養になります。
ただ火葬するだけでなく、しっかりとお別れの儀式を行ってあげることで供養しながら大切なペットを送り出してあげることができるのです。

大森ペット霊堂 詳細情報 http://www.petsougi.jp/

ペットの火葬プランが充実しています

大切なペットの葬儀を後悔することなくきちんと行ってあげたいという飼い主さんに最適なのが、ペットの火葬を専門に行っている会社です。
さまざまな火葬プランが用意されており、飼い主さんの希望に合わせて火葬や葬儀を行うことができます。
犬や猫などのペットの火葬は、火葬炉と呼ばれる火葬設備を利用して行われます。
大型犬であれば約1時間から2時間ほどで火葬が終了します。
近年の火葬炉は、臭いが気になりません。
また、ペットの種類にもよりますが、爪や歯など小さな遺骨も綺麗に残すことができます。
ペットの火葬は、最善な供養方法だと言われています。
ペットを正しい方法で火葬して挙げれば、遺骨にしてあげることができ、お墓や納骨堂に納骨することもできるでしょう。
さらに良い環境の中で供養してあげることもできるのです。
遺骨にした後は、ペットのお墓に納骨するという方法だけでなく、遺骨でアクセサリーを作る方も増えています。

ペットの火葬方法

現在、ペットの火葬方法は、いくつか用意されています。
ペットの霊園施設で火葬することができる他にも訪問式のサービスで大切なペットを火葬することも可能です。
飼い主さんが立ち会う個別火葬は、お見送りや出棺から火葬、お骨拾い、納骨まで行えます。
ペット専用の火葬炉が用意されているのはもちろん、火葬の際にゆっくりと待つことができる待合室も完備されています。
室内で全ての供養を行うことができるので、天候に左右されてしますことがありません。
忙しい飼い主さんに最適なサービスとなっているのが、車で自宅まで訪問してくれるペット火葬です。
ペット霊園まで足を運ばなくても大切なペットを火葬することができます。
最近では、年配の方や車などの移動手段を持っていない方からも依頼が増えています。
しかし、訪問式のペット火葬を希望する場合、屋外火葬になるため、天候にある程度左右されやすくなります。
また、近隣の方への配慮も必要になるでしょう。
この他にも合同火葬が注目を集めています。
合同火葬は、出棺やお別れまで家族で行えますが、火葬の際には家族は立ち会えません。
火葬後に行うお骨拾いや納骨などもスタッフが行ってくれるサービスです。
個別火葬と合同火葬を比較してみると合同火葬は、費用を安く抑えることができます。
そのため、費用を抑えて火葬をしてあげたい飼い主さんにおすすめです。
しかし、注意しなければいけないのは、合同火葬の場合、個別でお骨を返してもらうことはできません。
もし、辺骨を希望するのであれば、立会個別火葬を選ぶことをおすすめします。

ペットを火葬する際には

家族同様の大切なペットを火葬する際には、どのように火葬して供養してあげたいのかを家族でしっかりと話し合うことが大切です。
飼い主さんが後悔してしまうことがないように最善の方法で火葬してあげましょう。
現在、ペットの火葬が行える霊園ではさまざまなプランが用意されているので、複数を比較してみると安心です。

大切なペットを供養するためのマナー

事前に知っておくと安心

大切なペットは、家族が亡くなった時と同じようにきちんと火葬や葬儀を行ってあげたいものです。
犬や猫の場合、火葬や葬儀に形式はないと思われる方も少なくありませんが、実は大切なマナーがあります。
火葬はどこでどのように行うものなのか、火葬や葬儀のマナーなどを事前に知っておくと安心です。
現在、日本全国にペットの火葬や葬儀が行えるペット専門の霊園があります。
安心して大切なペットを預けることができる霊園が用意されているだけでなく、斎場やお別れ室が完備されているなどペットはもちろんのこと飼い主にとっても信用できる場所です。
このようなペット霊園で大切な愛犬や愛猫の火葬や葬儀を依頼することをおすすめします。
ペット霊園で火葬を行う際には、服装選びに迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。
ペットを火葬する際には、普段着でも問題ないでしょう。
しかし、火葬だけでなく葬儀も同時に行うのであれば、礼服や黒をベースにした服装を選ぶことがベストです。
服装の他にも悩んでしまうのが持ち物です。
ペット霊園に足を運ぶ際には、ペットの写真を持っていくと遺影として使用することができます。
また、この他にも供物、生花なども用意してあげるとペットも喜んでくれることでしょう。

焼香時のマナー

多くのペット霊園では、火葬を行う前にお焼香が行えます。
しかし、お焼香を行う際には、他の方の迷惑にならないように静かに行いましょう。
同じ時間帯に大切なペットの葬儀を行う他の家族もいるかもしれません。
そのような場合、他の人の迷惑も考え静かにお焼香を行うことが大切なマナーです。
お焼香の回数は何回にすればいいのかと疑問に思う方も少なくないでしょう。
お焼香の回数に決まりはありません。
一回でも構いませんし、もし自分の宗派があるのであればそれに合わせて行うといいでしょう。
遺骨を拾う際にも人間と同じように家族が行っても構いません。
大切なペットの最後を家族で送ってあげることができるように自身の手で遺骨を拾ってあげてください。
遺骨を拾った後に公園などの公共の場に埋めることは不法投棄になってしまいます。
現在、ペット専用のお墓もあるので、マナーを守りペット専用のお墓に納めてあげましょう。

一緒に火葬できるもの

ペットを火葬する際に、一緒に火葬してあげたいものがあるという飼い主さんも多いのではないでしょうか。
ペットと一緒に火葬できる物には、お供えやお飾りなどがあります。
この他にも数枚程度の写真や手紙などを一緒に火葬することができます。
しかし、おもちゃなどは一緒に火葬することはできません。
ペットが大好きだったおもちゃを一緒に火葬してあげたいと思う飼い主さんもいますが、ゴムやプラスチックでできたおもちゃを一緒に火葬してしまうと黒煙や臭いが発生してしまう可能性があります。
また、お骨上げにも悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。
では、ご飯やおやつはどうでしょう。
ペットが大好きだったご飯やおやつは、少量であれば一緒に火葬することが可能です。
しかし、容器ごと入れることはできないので注意しなければいけません。
ご飯やおやつが入っている缶やプラスチックなどを燃やしてしまうと破裂してしまうトラブルが考えられます。
この他にも洋服や首輪、リードなども一緒に火葬することはできません。
このようにペットと一緒に火葬できるものには限りがあるので、事前にきちんと確認しておくと安心です。
お骨上げやペットの骨に影響を及ぼしてしまう物を一緒に火葬しないのはもちろん、環境を汚染してしまう可能性のある物などにも注意し大切なペットを火葬してあげるようにしましょう。