ペットの供養方法

ペット火葬をする方が増えています

近年、大切なペットが亡くなった際に火葬をする飼い主さんが多くなりました。
以前は、自宅に埋葬する場合や自治体のサービスを利用する方が大半でしたが、最近ではペット霊園を利用して火葬を依頼しているのです。
ペット火葬は、大切なペットの供養にもなります。
犬や猫だけでなくハムスターやウサギなどの火葬をお願いする飼い主さんもいます。
ペットを正しい方法で火葬してあげることで遺骨を残すことができ、最大の供養になります。
ただ火葬するだけでなく、しっかりとお別れの儀式を行ってあげることで供養しながら大切なペットを送り出してあげることができるのです。

大森ペット霊堂 詳細情報 http://www.petsougi.jp/

ペットの火葬プランが充実しています

大切なペットの葬儀を後悔することなくきちんと行ってあげたいという飼い主さんに最適なのが、ペットの火葬を専門に行っている会社です。
さまざまな火葬プランが用意されており、飼い主さんの希望に合わせて火葬や葬儀を行うことができます。
犬や猫などのペットの火葬は、火葬炉と呼ばれる火葬設備を利用して行われます。
大型犬であれば約1時間から2時間ほどで火葬が終了します。
近年の火葬炉は、臭いが気になりません。
また、ペットの種類にもよりますが、爪や歯など小さな遺骨も綺麗に残すことができます。
ペットの火葬は、最善な供養方法だと言われています。
ペットを正しい方法で火葬して挙げれば、遺骨にしてあげることができ、お墓や納骨堂に納骨することもできるでしょう。
さらに良い環境の中で供養してあげることもできるのです。
遺骨にした後は、ペットのお墓に納骨するという方法だけでなく、遺骨でアクセサリーを作る方も増えています。

ペットの火葬方法

現在、ペットの火葬方法は、いくつか用意されています。
ペットの霊園施設で火葬することができる他にも訪問式のサービスで大切なペットを火葬することも可能です。
飼い主さんが立ち会う個別火葬は、お見送りや出棺から火葬、お骨拾い、納骨まで行えます。
ペット専用の火葬炉が用意されているのはもちろん、火葬の際にゆっくりと待つことができる待合室も完備されています。
室内で全ての供養を行うことができるので、天候に左右されてしますことがありません。
忙しい飼い主さんに最適なサービスとなっているのが、車で自宅まで訪問してくれるペット火葬です。
ペット霊園まで足を運ばなくても大切なペットを火葬することができます。
最近では、年配の方や車などの移動手段を持っていない方からも依頼が増えています。
しかし、訪問式のペット火葬を希望する場合、屋外火葬になるため、天候にある程度左右されやすくなります。
また、近隣の方への配慮も必要になるでしょう。
この他にも合同火葬が注目を集めています。
合同火葬は、出棺やお別れまで家族で行えますが、火葬の際には家族は立ち会えません。
火葬後に行うお骨拾いや納骨などもスタッフが行ってくれるサービスです。
個別火葬と合同火葬を比較してみると合同火葬は、費用を安く抑えることができます。
そのため、費用を抑えて火葬をしてあげたい飼い主さんにおすすめです。
しかし、注意しなければいけないのは、合同火葬の場合、個別でお骨を返してもらうことはできません。
もし、辺骨を希望するのであれば、立会個別火葬を選ぶことをおすすめします。

ペットを火葬する際には

家族同様の大切なペットを火葬する際には、どのように火葬して供養してあげたいのかを家族でしっかりと話し合うことが大切です。
飼い主さんが後悔してしまうことがないように最善の方法で火葬してあげましょう。
現在、ペットの火葬が行える霊園ではさまざまなプランが用意されているので、複数を比較してみると安心です。

大切なペットを供養するためのマナー

事前に知っておくと安心

大切なペットは、家族が亡くなった時と同じようにきちんと火葬や葬儀を行ってあげたいものです。
犬や猫の場合、火葬や葬儀に形式はないと思われる方も少なくありませんが、実は大切なマナーがあります。
火葬はどこでどのように行うものなのか、火葬や葬儀のマナーなどを事前に知っておくと安心です。
現在、日本全国にペットの火葬や葬儀が行えるペット専門の霊園があります。
安心して大切なペットを預けることができる霊園が用意されているだけでなく、斎場やお別れ室が完備されているなどペットはもちろんのこと飼い主にとっても信用できる場所です。
このようなペット霊園で大切な愛犬や愛猫の火葬や葬儀を依頼することをおすすめします。
ペット霊園で火葬を行う際には、服装選びに迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。
ペットを火葬する際には、普段着でも問題ないでしょう。
しかし、火葬だけでなく葬儀も同時に行うのであれば、礼服や黒をベースにした服装を選ぶことがベストです。
服装の他にも悩んでしまうのが持ち物です。
ペット霊園に足を運ぶ際には、ペットの写真を持っていくと遺影として使用することができます。
また、この他にも供物、生花なども用意してあげるとペットも喜んでくれることでしょう。

焼香時のマナー

多くのペット霊園では、火葬を行う前にお焼香が行えます。
しかし、お焼香を行う際には、他の方の迷惑にならないように静かに行いましょう。
同じ時間帯に大切なペットの葬儀を行う他の家族もいるかもしれません。
そのような場合、他の人の迷惑も考え静かにお焼香を行うことが大切なマナーです。
お焼香の回数は何回にすればいいのかと疑問に思う方も少なくないでしょう。
お焼香の回数に決まりはありません。
一回でも構いませんし、もし自分の宗派があるのであればそれに合わせて行うといいでしょう。
遺骨を拾う際にも人間と同じように家族が行っても構いません。
大切なペットの最後を家族で送ってあげることができるように自身の手で遺骨を拾ってあげてください。
遺骨を拾った後に公園などの公共の場に埋めることは不法投棄になってしまいます。
現在、ペット専用のお墓もあるので、マナーを守りペット専用のお墓に納めてあげましょう。

一緒に火葬できるもの

ペットを火葬する際に、一緒に火葬してあげたいものがあるという飼い主さんも多いのではないでしょうか。
ペットと一緒に火葬できる物には、お供えやお飾りなどがあります。
この他にも数枚程度の写真や手紙などを一緒に火葬することができます。
しかし、おもちゃなどは一緒に火葬することはできません。
ペットが大好きだったおもちゃを一緒に火葬してあげたいと思う飼い主さんもいますが、ゴムやプラスチックでできたおもちゃを一緒に火葬してしまうと黒煙や臭いが発生してしまう可能性があります。
また、お骨上げにも悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。
では、ご飯やおやつはどうでしょう。
ペットが大好きだったご飯やおやつは、少量であれば一緒に火葬することが可能です。
しかし、容器ごと入れることはできないので注意しなければいけません。
ご飯やおやつが入っている缶やプラスチックなどを燃やしてしまうと破裂してしまうトラブルが考えられます。
この他にも洋服や首輪、リードなども一緒に火葬することはできません。
このようにペットと一緒に火葬できるものには限りがあるので、事前にきちんと確認しておくと安心です。
お骨上げやペットの骨に影響を及ぼしてしまう物を一緒に火葬しないのはもちろん、環境を汚染してしまう可能性のある物などにも注意し大切なペットを火葬してあげるようにしましょう。